F 宮沢りえ 代役 なぜ?わずか2日間で仕上げた本物の役者である事を証明!!!  - ユクダイの最新ニュース
So-net無料ブログ作成
検索選択

宮沢りえ 代役 なぜ?わずか2日間で仕上げた本物の役者である事を証明!!!  [芸能]

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 軽度の心筋梗塞により舞台「おのれナポレオン」を降板した、天海祐希さん(45)に代わって

 宮沢りえさん(40)がわずか2日の稽古で見事に代役をこなし、

 観客がスタンディングオベーションするくらいの素晴らしい演技を見せてくれたそうです。



 本来なら舞台延期や、チケットの払い戻しなどが避けられない今回の出来事の窮地を

 救った宮沢りえさん、、、

 
 ではなぜ?彼女が代役として抜擢されたのか?


 
 
 今回、宮沢さんが演じた舞台「おのれナポレオン」(東京芸術劇場プレイハウス)は

 脚本・演出が三谷幸喜氏(51)と主演の野田秀樹氏(57)の演劇界の重鎮2人による

 話題作だったのですが、この野田氏と宮沢りえさんの間に俳優として先輩後輩の恩があったそうです。

             imageCA97CHFY.jpg


 おのれナポレオンについての公式サイトは→ http://www.geigeki.jp/performance/theater018/ 




 ちなみにこの「おのれナポレオン」とは大西洋に浮かぶ島「セントヘレナ島」に幽閉された

 かつてのフランスの皇帝ナポレオン・ヴォナパルトの死の真相に迫る歴史ミステリーのお話です。



 このお話の中に出てくるナポレオンの愛人・アルヴィーヌを演じたのが宮沢さんでした。



 舞台が無事終了した後、カーテンこーにて野田氏が称えるように宮沢さんに拍手を送ると、

 恥ずかしそうに照れ笑いを浮かべられたそうです。(いいですねえ♪)




 天海さんの降板が決定した8日未明に台本を受け取り、すぐに稽古を開始。

 翌9日には別の舞台の製作発表に出席してから再び稽古へと、、、



 そんな至難の代役を即答で引き受けた宮沢さんには主演の野田さんへのささやかな

 恩返しの念があったそうです。




 さかのぼる事2009年2月、宮沢さんは婚姻関係ではなかった男性との間に子供ができ、

 その時、舞台「バイパー」(野田氏の脚本・主演)の稽古にも入っていたそうだ。



 さらに、この舞台はなんと!2ヶ月もの長期公演!!

 

 そんな状況を加味して野田氏は彼女が演じ易いようになるべく体に負担がかからない

 演出に他の関係者に悟られないようにそっと変更してあげていたのである。



 そんな恩人である野田氏の窮地を知った宮沢さんが彼からの依頼を断るわけがありませんよね。



 野田氏もコメントに「わずか2日間での稽古で舞台に立つことを英断してくれた

 男らしさに感謝します。」

 と賛辞を送っている。



 いろいろありながらも強く、そして魅力的な女性として輝き続けている宮沢りえさんを

 見ていると同世代として沢山の勇気を頂きます。


 
 りえちゃん!これからも益々のご活躍を期待しております。imageCAT0PHC6.jpg

スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。