F ザ!世界仰天ニュース 5月1日 放送内容 多汗症 治療法 手汗・ワキ汗の量が尋常でない病気その解決方法とは? - ユクダイの最新ニュース
So-net無料ブログ作成

ザ!世界仰天ニュース 5月1日 放送内容 多汗症 治療法 手汗・ワキ汗の量が尋常でない病気その解決方法とは? [エンタメ]

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  5月1日の「ザ!世界仰天ニュース」では、手・足・脇の下の汗の出る量が尋常ではない

 ある少女の話についてです。多汗症(たかんしょう)と言って、普通の人がかく汗の量を

 遥かに超えた量の汗をかいてしまうと言う非常に厄介な病気なのです。

  番組内で紹介されている多汗症のある少女とは、、、

 イギリスはロンドンの北西部に位置するウスターと言う町が舞台です。


                              
大きな地図で見る


 2002年にこの町のリンジー・デアと言う12歳の少女が今回の話の主役です。


 彼女は小さいころから常に多量の汗をかいていて、その事がきっかけで、

 学校で友達から「手がぬるぬるして気持ち悪い!」等の心無い言葉に深く傷つき



 また、自分のかく汗のせいで携帯電話やパソコンなどの電子機器まで壊してしまうなど

 自分ではどうする事も出来ないこの特異体質に悩まされ続けていた日々を送っていたそうです。



 そんなある日、何気なく観ていたテレビの放送内容が自分の悩んでいる汗の症状と同じであり、

 その症状が「多汗症」であると言う事に気づくのです。


                               



 直ぐに専門医の所に行き、治療が出来る事を教えてもらうと、

 副作用の危険も承知の上で、「ボトックス注射」・「ETS手術」などの多汗症治療を受けます。


 ここで気になる上記の2つについて軽く説明しておきますね。


 ボトックス注射・・・汗の分泌を司る神経をブロックし、汗の分泌を抑制します。

            注射後3~4日目に効果が表れ、3~6か月程効果が続きます。

            ワキだけでなく、手や足・額の汗の分泌も抑えることが可能です。



 ETS手術・・・・・・・交感神経節切除手術の事で、汗の分泌を調節する神経を切ることで

            発汗を抑える方法だが、その代わりに体の他の部分で発汗する量が増える副作用も

            ある。


 
  その後、一年ほど過ごすうちに手の汗は治まり、脇の下は70%・足は30%くらいまで

 発汗量が低下したそうです。


 こちらにも参考動画を

               

スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。